2016年5月28日土曜日

ActiveWindowLogger ver2.05




■ダウンロード

File: ActiveWindowLogger205zip
Size: 136KB
分類: フリーソフト




■概要
    PCで一日何をしていたかログを取るソフトです。
    この日のこの時間に何をしていたか、
    あるいは一日でアプリケーションを何時間使用したかが一目でわかります。



■動作環境
    Windows XP, 7
    CPU 800MHz以上
    メモリ 256MB以上



■アンインストール
    レジストリは触っておりません。
    削除の際はフォルダごとゴミ箱へどうぞ。



■使い方
    起動している間ログをとります。
    最小化するとタスクトレイのみの表示に。
    ログはプログラム終了時と日付が変わった直後にlogフォルダに保存されます。

    記録されるのは
        時刻(time)
        表示時間(duration)
        操作中のウィンドウタイトル(title)
        操作中のプログラムのパス(exe)
    の4つのみです。



    logボタン
        ログデータファイル(.bin2)を選択し、読み込んで表示します
        ウィンドウにファイルをD&Dでも可
        またActiveWindowRecorderのログ(.bin)の読み込むことができます。
    prevボタン
        現在表示中のログより前のログがあれば表示します
        マウスの戻るボタンでも同様
    nextボタン
        現在表示中のログより後のログがあれば表示します
        マウスの進むボタンでも同様
    todayボタン
        今日の最新のログを表示します

    タイムラインイメージ
        大雑把に使用時間をプログラム別に着色して表示しています。
        上下に分かれており、上が24時間表示、下がカーソル位置付近の1時間のデータになります。



    txtで保存
        現在表示中のログをテキスト形式でファイルに出力します
        各行に「[時刻(HH:mm:ss.SSS)](アクティブ時間(HH:mm:ss.SSS))"ウィンドウタイトル" - "実行ファイルパス"」で記録されます
    csvで保存
        現在表示中のログをCSV形式でファイルに出力します
        各行に「時刻(HH:mm:ss.SSS), アクティブ時間(ミリ秒), "ウィンドウタイトル", "実行ファイルパス"」で記録されます
    アプリケーション使用率
        表示中のログから各アプリケーションの使用時間などを表示します
            比率 (rate)
            合計アクティブ時間 (duration)
            平均使用時間 (ave)
            実行ファイルパス (exe)
            表示回数 (num)
    基本設定
        アクティブウィンドウチェック周期
            アクティブが切り替わっていないかチェックする周期の設定で、
            数値が小さいほど細かくチェックしますが負担が大きくなります
        タイムラインイメージ更新周期
            タイムラインイメージ上のカーソル位置をチェック、表示更新する周期を変更できます。
            タイムラインイメージ上でのリストの選択速度に影響が出ます。
            数値が小さいほど細かくチェックしますが負担が大きくなります
        オートセーブ
            ログを一定タイミングで自動保存するようにします。予期せぬブルースクリーン対策などに。
            「しない」であれば0時に、
            「一時間おき」であれば時刻が変わるごとに、
            「半日おき」であれば0時と12時に、ログを保存します
        古いログファイルを自動削除
            0時に古いログがないかチェックし、あれば削除します
        終了を確認する
            終了時に確認ウィンドウを出します

        アクティブウィンドウリストCSVを自動出力する
            オートセーブ設定のタイミングとアプリケーション終了時に、指定ディレクトリにCSVファイルを出力します。
            このCSVファイルはオートデリートで削除されません。
        アクティブウィンドウリストテキストを自動出力する
            オートセーブ設定のタイミングとアプリケーション終了時に、指定ディレクトリにテキストファイルを出力します。
            このテキストファイルはオートデリートで削除されません。
        出力ファイル名
            自動出力されるCSVファイル名を設定できます。
            ファイル名には「\」「/」「?」「*」「"」「>」「<」「|」の文字は設定できません。
            また、以下の指定文字を使用すると、自動的に数値に置き換えられます。
            指定文字以外はそのまま使用されます。
                 「%y」年4桁
                 「%m」月
                 「%d」日
                 「%h」時
                 「%i」分
                 「%s」秒
                 「%l」ミリ秒
                 「%Y」年(下2桁。2015年であれば15と出力されます)
                 「%M」月(2桁。1月であれば01と出力されます)
                 「%D」日(2桁)
                 「%H」時(2桁)
                 「%I」分(2桁)
                 「%S」秒(2桁)
                 「%L」ミリ秒(3桁)
                 「%%」文字の%
            例
                %Y%M%d → 160518
                [%y%m%d] → [2016518]
                [%Y%M%d] → [160518]
                (%Y-%M-%d) → (16-05-18)
            拡張子は保存するファイル種類に応じて「.csv」か「.txt」が追記されます
            

        アプリケーション利用率CSVを自動出力する
            オートセーブ設定のタイミングとアプリケーション終了時に、指定ディレクトリにCSVファイルを出力します。
            CSVファイルは各行に「使用率(%),アクティブ時間(ミリ秒),実行ファイルパス」で記録されます
        アプリケーション利用率テキストを自動出力する
            オートセーブ設定のタイミングとアプリケーション終了時に、指定ディレクトリにテキストファイルを出力します。
            テキストファイルは各行に「[使用率(%)], アクティブ時間(HH:mm:ss.SSS) (平均使用時間(HH:mm:ss.SSS)) - "実行ファイルパス" [アクティブ回数]」で記録されます



        出力文字設定
            テキストコピー、CSVコピー、テキスト保存、CSV保存のときに使用される文字列の設定ができます。
            テストボタンで押すと、指定文字が置き換えられたあとの文字列がテストのところに表示されます。
            指定文字以外はそのまま使用されます。
            [アクティブウィンドウリスト]
                指定文字は以下のものが使えます
                「%h」時
                「%m」分
                「%s」秒
                「%l」ミリ秒
                「%H」時(2桁)
                「%M」分(2桁)
                「%S」秒(2桁)
                「%L」ミリ秒(3桁)
                「%i」ミリ秒(時刻*60*60*1000 + 分*60*1000 + 秒*1000 + ミリ秒。時刻を一項目で表現します)
                「%n」表示時間 分
                「%e」表示時間 秒
                「%c」表示時間 ミリ秒
                「%E」表示時間 秒(2桁)
                「%C」表示時間 ミリ秒(3桁)
                「%d」表示時間 ミリ秒(分*60*1000 + 秒*1000 + ミリ秒。表示時間を一項目で表現します)
                「%t」ウィンドウタイトル
                「%x」実行ファイルパス
                「%%」文字の%
            
            [アプリケーション使用率]
                指定文字は以下のものが使えます
                「%r」使用率(パーセント)
                「%h」合計時
                「%m」合計分
                「%s」合計秒
                「%l」合計ミリ秒
                「%H」合計時(2桁)
                「%M」合計分(2桁)
                「%S」合計秒(2桁)
                「%L」合計ミリ秒(3桁)
                「%d」合計ミリ秒(時刻*60*60*1000 + 分*60*1000 + 秒*1000 + ミリ秒。時刻を一項目で表現します)
                「%o」平均時間 時
                「%n」平均時間 分
                「%e」平均時間 秒
                「%c」平均時間 ミリ秒
                「%N」平均時間 分(2桁)
                「%E」平均時間 秒(2桁)
                「%C」平均時間 ミリ秒(3桁)
                「%a」平均時間 ミリ秒(時*60*60*1000 + 分*60*1000 + 秒*1000 + ミリ秒。平均時間を一項目で表現します)
                「%d」表示時間 ミリ秒(分*60*1000 + 秒*1000 + ミリ秒。表示時間を一項目で表現します)
                「%x」実行ファイルパス
                「%u」表示回数
                「%%」文字の%



    色
        リストの色分けに関する設定です。ダブルクリックで色を変更、
        右クリックで項目の追加や削除が可能です

        アプリケーション別
            アプリケーションごとに別々の色をつけます
        汎用
            アプリケーションごとに適当に色を振り分けます
        時間別
            1時間ごとに色を変更します
        なし

        save, load
            色の設定のみをファイル(.color)に保存できます。
            D&Dでも読み込み可能
        clear
            色設定を初期状態に戻します



■そのほか
    このソフトウェアを使用し、何らかの障害が発生しても責任を取りかねますのでご了承ください。

    zlibライブラリを使用しています。
        Copyright (C) 1995-2005 Jean-loup Gailly and Mark Adler
        http://www.winimage.com/zLibDll/



■更新履歴
    2016-05-28 ver2.05
        テキストコピー、テキストで保存、CSVコピー、CSV保存での書式を多少変更できるよう修正
        CSV自動保存のファイル名を任意のものにできるよう修正
        テキストを自動保存可能なよう修正
        アプリケーション使用率ウィンドウにファイル出力ボタンを追加
        アプリ使用率を自動出力する機能を追加
        ファイル出力時にBOMの有無を選択できるよう修正
        改行コードを選択できるよう修正
    2015-01-22 ver2.04a
        エクスプローラが再起動した際にタスクトレイアイコンを再設定するよう修正
    2014-09-13 ver2.04
        終了確認をするよう変更
    2013-03-03 ver2.03b
        タイムライン上での範囲選択の動作仕様を変更
    2013-02-03 ver2.03a
        日付変更時にアクティブなウィンドウ情報が記録されないのを修正
    2012-09-21 ver2.03
        オートセーブ時にCSVファイルを指定ディレクトリに出力できる機能を追加
        メニューの「TXT形式で保存」「CSV形式で保存」のときにデフォルトのファイル名が表示されていないのを修正
        CSV出力はリストのソート状態の影響を受けないように修正
        ver2.02系でのconfigファイル読み込みの下位互換がうまくいっていなかったのを修正
        色表示が「RRGGBB」ではなく「BBGGRR」になっていたのを修正
        コンフィグウィンドウで色を変更した瞬間にリストの表示が更新されないのを修正
    2012-08-03 ver2.02a
        オートセーブに「3時間おき」「6時間おき」を追加
        ウィンドウ左ダブルクリックで「アプリケーション使用率」ウィンドウを表示するよう修正
        ウィンドウ右ダブルクリックでコンフィグウィンドウを表示するよう修正
    2012-07-10 ver2.02
        検索機能の追加
        リスト項目クリックにタイムラインイメージの下側を更新するよう修正
    2012-07-05
        アプリケーション使用率ウィンドウのリスト色別表示するよう修正
        アプリケーション使用率ウィンドウでコピー可能なよう修正
        アプリケーション使用率ウィンドウから前日後日データの読み込みを可能なよう修正
    2012-07-03 ver2.01
        ツールチップを表示するよう修正
    2012-07-01
        自動削除機能追加
    2012-06-30
        タイムラインの下側が00:30未満のとき描画できていなかったのを修正
        64bitWindowsだとプログラムのパスが正常に取得できないのを修正
    2012-06-27
        タイムラインをドラッグ後正常に描画できていないのを修正
    2012-06-25
        アプリケーション使用率のrateが%表記ではなかったのを修正
    2012-06-24 ver2.00

0 件のコメント: