2016年5月29日日曜日

ActiveWindowLogger Log2CSV ver 1.01




■ダウンロード

File: AWL_Log2CSV_v101.zip
Size: 69.2KB
分類: フリーソフト




■概要
    ActiveWindowLoggerのログファイル(.bin2)をCSV形式に変換して指定フォルダに保存します



■動作環境
    Windows XP, 7
    CPU 800MHz以上
    メモリ 256MB以上



■アンインストール
    レジストリは触っておりません。
    削除の際はフォルダごとゴミ箱へどうぞ。



■使い方
    ログファイル(.bin2)をウィンドウにD&Dしてください。
    設定してある出力先フォルダにcsvに変換されて出力されます。

    フォルダ1個のみをD&Dした際に表示されるメニューから「フォルダ内のログを変換」を選ぶと、
    フォルダ直下にあるログファイルのみが指定出力先にCSVに変換されて出力されます。

    実行ファイルに直接D&Dするとあらかじめ設定された出力先に変換されて出力されます。


    *出力先フォルダを設定する都合上、
    複数フォルダおよびサブフォルダ以下のファイルはファイル名がぶつかるため走査しません。

    *ActiveWindowRecorderのログファイル(.bin)も変換できます。


    ●マルチスレッド数の設定
        複数コアCPUをご使用の方はスレッド数の値を増やすと変換速度が上がるかもしれません。

    ●出力先の変更
        CSVが出力されるフォルダを設定します。
        フォルダ1個のみをD&Dをした際に表示されるメニューから「出力先フォルダに設定」を選ぶと、
        ドロップされたフォルダを出力先に設定できます。


    ●出力文字設定
            出力される文字列の設定ができます。
            テストボタンで押すと、指定文字が置き換えられたあとの文字列がテストのところに表示されます。
            指定文字以外はそのまま出力されます。
            指定文字は以下のものが使えます
                「%h」時
                「%m」分
                「%s」秒
                「%l」ミリ秒
                「%H」時(2桁)
                「%M」分(2桁)
                「%S」秒(2桁)
                「%L」ミリ秒(3桁)
                「%i」ミリ秒(時刻*60*60*1000 + 分*60*1000 + 秒*1000 + ミリ秒。時刻を一項目で表現します)
                「%n」表示時間 分
                「%e」表示時間 秒
                「%c」表示時間 ミリ秒
                「%E」表示時間 秒(2桁)
                「%C」表示時間 ミリ秒(3桁)
                「%d」表示時間 ミリ秒(分*60*1000 + 秒*1000 + ミリ秒。表示時間を一項目で表現します)
                「%t」ウィンドウタイトル
                「%x」実行ファイルパス
                「%%」文字の%

    ●ファイルにBOMをつける
        ファイル先頭にBOMを記述します
    ●改行コード
        改行コードをLFかCRLFのどちらかを使用するようにします



■そのほか
    このソフトウェアを使用し、何らかの障害が発生しても責任を取りかねますのでご了承ください。

    zlibライブラリを使用しています。
        Copyright (C) 1995-2005 Jean-loup Gailly and Mark Adler
        http://www.winimage.com/zLibDll/



■更新履歴
    2016-05-29 ver1.01
        出力文字をいじくれるよう修正
        BOMの有無を選択できるよう修正
        改行コードを選択できるよう修正
    2013-02-10 ver1.00
        作成

2016年5月28日土曜日

ActiveWindowLogger ver2.05




■ダウンロード

File: ActiveWindowLogger205zip
Size: 136KB
分類: フリーソフト




■概要
    PCで一日何をしていたかログを取るソフトです。
    この日のこの時間に何をしていたか、
    あるいは一日でアプリケーションを何時間使用したかが一目でわかります。



■動作環境
    Windows XP, 7
    CPU 800MHz以上
    メモリ 256MB以上



■アンインストール
    レジストリは触っておりません。
    削除の際はフォルダごとゴミ箱へどうぞ。



■使い方
    起動している間ログをとります。
    最小化するとタスクトレイのみの表示に。
    ログはプログラム終了時と日付が変わった直後にlogフォルダに保存されます。

    記録されるのは
        時刻(time)
        表示時間(duration)
        操作中のウィンドウタイトル(title)
        操作中のプログラムのパス(exe)
    の4つのみです。



    logボタン
        ログデータファイル(.bin2)を選択し、読み込んで表示します
        ウィンドウにファイルをD&Dでも可
        またActiveWindowRecorderのログ(.bin)の読み込むことができます。
    prevボタン
        現在表示中のログより前のログがあれば表示します
        マウスの戻るボタンでも同様
    nextボタン
        現在表示中のログより後のログがあれば表示します
        マウスの進むボタンでも同様
    todayボタン
        今日の最新のログを表示します

    タイムラインイメージ
        大雑把に使用時間をプログラム別に着色して表示しています。
        上下に分かれており、上が24時間表示、下がカーソル位置付近の1時間のデータになります。



    txtで保存
        現在表示中のログをテキスト形式でファイルに出力します
        各行に「[時刻(HH:mm:ss.SSS)](アクティブ時間(HH:mm:ss.SSS))"ウィンドウタイトル" - "実行ファイルパス"」で記録されます
    csvで保存
        現在表示中のログをCSV形式でファイルに出力します
        各行に「時刻(HH:mm:ss.SSS), アクティブ時間(ミリ秒), "ウィンドウタイトル", "実行ファイルパス"」で記録されます
    アプリケーション使用率
        表示中のログから各アプリケーションの使用時間などを表示します
            比率 (rate)
            合計アクティブ時間 (duration)
            平均使用時間 (ave)
            実行ファイルパス (exe)
            表示回数 (num)
    基本設定
        アクティブウィンドウチェック周期
            アクティブが切り替わっていないかチェックする周期の設定で、
            数値が小さいほど細かくチェックしますが負担が大きくなります
        タイムラインイメージ更新周期
            タイムラインイメージ上のカーソル位置をチェック、表示更新する周期を変更できます。
            タイムラインイメージ上でのリストの選択速度に影響が出ます。
            数値が小さいほど細かくチェックしますが負担が大きくなります
        オートセーブ
            ログを一定タイミングで自動保存するようにします。予期せぬブルースクリーン対策などに。
            「しない」であれば0時に、
            「一時間おき」であれば時刻が変わるごとに、
            「半日おき」であれば0時と12時に、ログを保存します
        古いログファイルを自動削除
            0時に古いログがないかチェックし、あれば削除します
        終了を確認する
            終了時に確認ウィンドウを出します

        アクティブウィンドウリストCSVを自動出力する
            オートセーブ設定のタイミングとアプリケーション終了時に、指定ディレクトリにCSVファイルを出力します。
            このCSVファイルはオートデリートで削除されません。
        アクティブウィンドウリストテキストを自動出力する
            オートセーブ設定のタイミングとアプリケーション終了時に、指定ディレクトリにテキストファイルを出力します。
            このテキストファイルはオートデリートで削除されません。
        出力ファイル名
            自動出力されるCSVファイル名を設定できます。
            ファイル名には「\」「/」「?」「*」「"」「>」「<」「|」の文字は設定できません。
            また、以下の指定文字を使用すると、自動的に数値に置き換えられます。
            指定文字以外はそのまま使用されます。
                 「%y」年4桁
                 「%m」月
                 「%d」日
                 「%h」時
                 「%i」分
                 「%s」秒
                 「%l」ミリ秒
                 「%Y」年(下2桁。2015年であれば15と出力されます)
                 「%M」月(2桁。1月であれば01と出力されます)
                 「%D」日(2桁)
                 「%H」時(2桁)
                 「%I」分(2桁)
                 「%S」秒(2桁)
                 「%L」ミリ秒(3桁)
                 「%%」文字の%
            例
                %Y%M%d → 160518
                [%y%m%d] → [2016518]
                [%Y%M%d] → [160518]
                (%Y-%M-%d) → (16-05-18)
            拡張子は保存するファイル種類に応じて「.csv」か「.txt」が追記されます
            

        アプリケーション利用率CSVを自動出力する
            オートセーブ設定のタイミングとアプリケーション終了時に、指定ディレクトリにCSVファイルを出力します。
            CSVファイルは各行に「使用率(%),アクティブ時間(ミリ秒),実行ファイルパス」で記録されます
        アプリケーション利用率テキストを自動出力する
            オートセーブ設定のタイミングとアプリケーション終了時に、指定ディレクトリにテキストファイルを出力します。
            テキストファイルは各行に「[使用率(%)], アクティブ時間(HH:mm:ss.SSS) (平均使用時間(HH:mm:ss.SSS)) - "実行ファイルパス" [アクティブ回数]」で記録されます



        出力文字設定
            テキストコピー、CSVコピー、テキスト保存、CSV保存のときに使用される文字列の設定ができます。
            テストボタンで押すと、指定文字が置き換えられたあとの文字列がテストのところに表示されます。
            指定文字以外はそのまま使用されます。
            [アクティブウィンドウリスト]
                指定文字は以下のものが使えます
                「%h」時
                「%m」分
                「%s」秒
                「%l」ミリ秒
                「%H」時(2桁)
                「%M」分(2桁)
                「%S」秒(2桁)
                「%L」ミリ秒(3桁)
                「%i」ミリ秒(時刻*60*60*1000 + 分*60*1000 + 秒*1000 + ミリ秒。時刻を一項目で表現します)
                「%n」表示時間 分
                「%e」表示時間 秒
                「%c」表示時間 ミリ秒
                「%E」表示時間 秒(2桁)
                「%C」表示時間 ミリ秒(3桁)
                「%d」表示時間 ミリ秒(分*60*1000 + 秒*1000 + ミリ秒。表示時間を一項目で表現します)
                「%t」ウィンドウタイトル
                「%x」実行ファイルパス
                「%%」文字の%
            
            [アプリケーション使用率]
                指定文字は以下のものが使えます
                「%r」使用率(パーセント)
                「%h」合計時
                「%m」合計分
                「%s」合計秒
                「%l」合計ミリ秒
                「%H」合計時(2桁)
                「%M」合計分(2桁)
                「%S」合計秒(2桁)
                「%L」合計ミリ秒(3桁)
                「%d」合計ミリ秒(時刻*60*60*1000 + 分*60*1000 + 秒*1000 + ミリ秒。時刻を一項目で表現します)
                「%o」平均時間 時
                「%n」平均時間 分
                「%e」平均時間 秒
                「%c」平均時間 ミリ秒
                「%N」平均時間 分(2桁)
                「%E」平均時間 秒(2桁)
                「%C」平均時間 ミリ秒(3桁)
                「%a」平均時間 ミリ秒(時*60*60*1000 + 分*60*1000 + 秒*1000 + ミリ秒。平均時間を一項目で表現します)
                「%d」表示時間 ミリ秒(分*60*1000 + 秒*1000 + ミリ秒。表示時間を一項目で表現します)
                「%x」実行ファイルパス
                「%u」表示回数
                「%%」文字の%



    色
        リストの色分けに関する設定です。ダブルクリックで色を変更、
        右クリックで項目の追加や削除が可能です

        アプリケーション別
            アプリケーションごとに別々の色をつけます
        汎用
            アプリケーションごとに適当に色を振り分けます
        時間別
            1時間ごとに色を変更します
        なし

        save, load
            色の設定のみをファイル(.color)に保存できます。
            D&Dでも読み込み可能
        clear
            色設定を初期状態に戻します



■そのほか
    このソフトウェアを使用し、何らかの障害が発生しても責任を取りかねますのでご了承ください。

    zlibライブラリを使用しています。
        Copyright (C) 1995-2005 Jean-loup Gailly and Mark Adler
        http://www.winimage.com/zLibDll/



■更新履歴
    2016-05-28 ver2.05
        テキストコピー、テキストで保存、CSVコピー、CSV保存での書式を多少変更できるよう修正
        CSV自動保存のファイル名を任意のものにできるよう修正
        テキストを自動保存可能なよう修正
        アプリケーション使用率ウィンドウにファイル出力ボタンを追加
        アプリ使用率を自動出力する機能を追加
        ファイル出力時にBOMの有無を選択できるよう修正
        改行コードを選択できるよう修正
    2015-01-22 ver2.04a
        エクスプローラが再起動した際にタスクトレイアイコンを再設定するよう修正
    2014-09-13 ver2.04
        終了確認をするよう変更
    2013-03-03 ver2.03b
        タイムライン上での範囲選択の動作仕様を変更
    2013-02-03 ver2.03a
        日付変更時にアクティブなウィンドウ情報が記録されないのを修正
    2012-09-21 ver2.03
        オートセーブ時にCSVファイルを指定ディレクトリに出力できる機能を追加
        メニューの「TXT形式で保存」「CSV形式で保存」のときにデフォルトのファイル名が表示されていないのを修正
        CSV出力はリストのソート状態の影響を受けないように修正
        ver2.02系でのconfigファイル読み込みの下位互換がうまくいっていなかったのを修正
        色表示が「RRGGBB」ではなく「BBGGRR」になっていたのを修正
        コンフィグウィンドウで色を変更した瞬間にリストの表示が更新されないのを修正
    2012-08-03 ver2.02a
        オートセーブに「3時間おき」「6時間おき」を追加
        ウィンドウ左ダブルクリックで「アプリケーション使用率」ウィンドウを表示するよう修正
        ウィンドウ右ダブルクリックでコンフィグウィンドウを表示するよう修正
    2012-07-10 ver2.02
        検索機能の追加
        リスト項目クリックにタイムラインイメージの下側を更新するよう修正
    2012-07-05
        アプリケーション使用率ウィンドウのリスト色別表示するよう修正
        アプリケーション使用率ウィンドウでコピー可能なよう修正
        アプリケーション使用率ウィンドウから前日後日データの読み込みを可能なよう修正
    2012-07-03 ver2.01
        ツールチップを表示するよう修正
    2012-07-01
        自動削除機能追加
    2012-06-30
        タイムラインの下側が00:30未満のとき描画できていなかったのを修正
        64bitWindowsだとプログラムのパスが正常に取得できないのを修正
    2012-06-27
        タイムラインをドラッグ後正常に描画できていないのを修正
    2012-06-25
        アプリケーション使用率のrateが%表記ではなかったのを修正
    2012-06-24 ver2.00

2016年4月28日木曜日

Shiftキーでウィンドウの内側 ver1.00






File: uchigawa_v100.zip
Size: 34.43KB
分類: フリーソフト




■概要
    シフトキーを押している間、カーソルがウィンドウ外に出なくなります。



■想定した使い所
     エクスプローラやブラウザなどのスクロールバーは、シフトキーを押しながらクリックすることで、
    クリックした位置にバーを瞬時に移動することができます。
     マウスカーソルをスクロールバー上に移動させる際、そのまま行き過ぎることが多々あったので
    カーソル移動範囲を制限して、スクロールバー上にカーソルを置きやすくしようという趣旨のソフトです。



■動作環境
    Windows 8, 10
    CPU 2GHz以上
    メモリ 2GB以上



■アンインストール
    レジストリは触っておりません。
    削除の際はフォルダごとゴミ箱へ。



■使い方
    ●有効/無効
        チェックを外すとカーソルの範囲制限を行わなくなります。一時的にオフにしたい場合などに。
    ●キー設定
        ・動作キー
            シフトキー使用を想定していますが、トグルモードを使う場合はキー設定を変更したほうが便利かもしれません
        ・トグルモード
            設定キーを押すとカーソル移動範囲を制限、もう一度押すと解除される操作方法が変わります
    ●範囲限定するウィンドウの選択
        ・カーソル下のウィンドウ
            シフトキーを押したときにカーソル下にあるウィンドウ上に範囲制限するようにします
        ・現在アクティブなウィンドウ
            シフトキーを押したときにアクティブなウィンドウ上に範囲制限するようにします
    ●範囲
        ・ウィンドウサイズ
            制限する範囲をウィンドウサイズの大きさにします
        ・クライアント領域
            制限する範囲をウィンドウのクライアント領域(タイトルバーやフレームを除いたウィンドウのメインの領域)
            の大きさにします
        ・クライアント領域+タイトルバー高さ
            制限する範囲をウィンドウのクライアント領域にタイトルバー領域を加えたものの大きさにします
        ・範囲の縮小拡大
            範囲を少し大きくしたり小さくしたりします。マイナスなら小さく、プラスなら大きくなります


■そのほか
    このソフトウェアを使用し、何らかの障害が発生しても責任を取りかねますのでご了承ください。



■更新履歴
    2016-04-26 ver1.00

カーソル画面端で実行 ver1.00






file: hajikko_v100.zip
size: 66.04KB
分類: フリーソフト




■概要
    カーソルを画面端上下、あるいは左右に往復させると、設定したファイルを実行します。
    マルチモニタ対応


■動作環境
    Windows 8, 10
    CPU 2GHz以上
    メモリ 2GB以上



■アンインストール
    レジストリは触っておりません。
    削除の際はフォルダごとゴミ箱へ。



■使い方
    カーソルを画面の左右端か、上下端を往復することでファイルを実行することができます。
    
    例:
    回数が3の場合、カーソルを画面上→画面下→画面上と、端に3回触れることで実行されます
    同じく回数3で、カーソルを画面右→画面左→画面右と、端に3回触れることで実行されます
    触れた画面端とは反対側の画面端に触れないとカウントされません
    ので、画面右→画面下と触れても回数1として扱われます。



    ●有効/無効
        チェックを外すとカーソル位置チェックを行わなくなります。一時的にオフにしたい場合などに
    ●画面座標再計算
        モニタの解像度や位置設定を変更したら、このボタンを押してください
        本アプリケーションは起動時に、モニタ情報から当たり判定を事前に計算しています。
        そのため起動後に画面情報が変更されると当たり判定データとのずれが生じます。
        ボタンを押すことで当たり判定が再計算されます。
        
    ●設定
        ・端範囲(px)
            カーソルが画面端から指定px内にあれば、端にあると認識します
        ・回数
            カーソルが画面端に指定回数触れたら、設定ファイルを実行するようにします
        ・有効時間(ms)
            カーソルが画面端から端に触れるまでの猶予時間の設定で、
            設定した時間内に、端から端に触れたら、連続で触れたと認識します
        ・カーソルチェック周期
            カーソルの位置を取得する周期を設定します
            多いほど細かくカーソル位置をチェックするので、
            端に触れている時間が短くても触れたと認識しやすいですが、処理負担がかかります。
            少ないと、端に触れたにもかかわらず触れたと認識しないことがありますが、処理負担は小さいです
            有効時間や端範囲の設定を甘くすることで少ない周期設定でも実用に耐えるかもしれません
        ・実行時に音を鳴らす
            実行処理を行う際に音が鳴ります
    ●実行パス
        画面端に指定回数触れたときに実行されるファイルを設定します。
        変更ボタンでファイル選択ウィンドウが表示されるので実行したいファイルを選んでください
        ウィンドウにファイルをD&Dすることでも設定できます。
    ●テスト
        設定したファイルがちゃんと実行可能かテストできます
    


■そのほか
    このソフトウェアを使用し、何らかの障害が発生しても責任を取りかねますのでご了承ください。



■更新履歴
    2016-04-26 ver1.00

2016年1月21日木曜日

clickEffect ver1.0




file: clickEffect100.zip
size: 43.53KB
分類:フリーソフト




■概要
    クリックした位置にしばらく表示物を設置します。
    正しい位置をクリック出来ていたかちょっと知りたいときにどうぞ。



■動作環境
    Windows XP, 8, 10
    CPU 2GHz以上
    メモリ 2GB以上



■アンインストール
    レジストリは触っておりません。
    削除の際はフォルダごとゴミ箱へ。



■使い方
    起動中、クリックした位置に輪っか表示がでます。

    ●表示時間
     指定した時間表示されます。単位ミリ秒
    ●サイズ
     表示物の最終サイズを設定できます。
    ●アニメタイプA,アニメタイプB
     輪っかアニメーションの種類を選択できます。
    ●右クリックエフェクト色、左クリックエフェクト色
     表示物の色を色変更ボタンで変更することができます。
    ●十字を描画する
     表示物に十字を描画してクリック位置を解かりやすくします。



■そのほか
    このソフトウェアを使用し、何らかの障害が発生しても責任を取りかねますのでご了承ください。



■更新履歴
    2016-01-21 ver 1.0

2016年1月20日水曜日

toClipboard ver1.00



file: toClipboard100.zip
size: 45.7KB
分類: フリーソフト





■概要
    ファイル内容をそのままクリップボードに転送します



■動作環境
    Windows XP, 8, 10
    CPU 2GHz以上
    メモリ 2GB以上



■アンインストール
    レジストリは触っておりません。
    削除の際はフォルダごとゴミ箱へ。



■使い方
    実行ファイルアイコンにD&Dすることで、ファイル内容をそのままクリップボードに転送できます。
    コンフィグ設定は普通に起動することで行います。
    起動後にウィンドウにD&Dすることでもクリップボードへ転送することができます。


    ●拡張子別のクリップボードデータ形式の設定
    ○拡張子
        「.txt」や「.wav」などの拡張子文字列を入力してください。「.」(ドット)は必須です。
    ○データ形式
        クリップボードへデータを送る際の形式を選択します
        ・データ形式(標準)
            CF_TEXTやCF_WAVEといったWindows標準の形式で転送する場合、このコンボボックスから選択します
        ・データ形式(数値)
            データ形式の数値が分かっている場合は、数値を入力してください
        ・データ形式(登録)
            データ形式が文字列で指定します。設定した文字列でRegisterClipboardFormat()を行いクリップボードへ送ることになります。
    ○登録ボタン
        拡張子とデータ形式の設定が終わったら、登録ボタンを押して登録してください。
        D&Dされたファイルの拡張子を見て、指定された形式でクリップボードを転送するようになります。
        D&Dされたファイルの拡張子が登録されていなかった場合、クリップボードへは転送されません。

    ●オプション
    ○ファイルサイズが大きい場合確認する。
        指定サイズ以上のファイルがD&Dされた場合、クリップボードへ転送するか確認します
    ○複数ファイルだったらファイルコピーにする
        複数ファイルがD&Dされたら、ファイルコピーとしてクリップボードへ登録します
    ○テキストファイルがUNICODEか調べる
        D&Dされたファイル拡張子が「.txt」だったら、
        エンコードがUNICODEだったらCF_UNICODETEXTで、
        そうでなければCF_TEXTでファイル内容をクリップボードへ転送するようになります。



■そのほか
    このソフトウェアを使用し、何らかの障害が発生しても責任を取りかねますのでご了承ください。



■更新履歴
    2016-01-20 ver1.0

2016年1月10日日曜日

XFileConverter ver1.00






file: xfileconverter100.zip
size: 43.67KB
分類: フリーソフト


■概要
    Xファイルのフォーマットを「テキスト」「バイナリ」「テキスト圧縮」「バイナリ圧縮」のいずれかに変換します。



■動作環境
    Windows 8.1
    CPU 1GHz以上
    メモリ 1GB以上



■アンインストール
    レジストリは触っておりません。
    削除の際はフォルダごとゴミ箱へ。



■使い方
    ●Open
        変換したいXファイルの読み込み。複数ファイル選択可能で、読むたびにリストに追加されていきます。
        ウィンドウへのD&Dでの追加も可能です。
        またxfileconverter.exeにXファイルをD&Dして起動した場合リストに登録された状態で起動します。
    ●Delete
        リストで選択しているXファイルをリストから削除します
    ●Clear
        リスト内容を全削除します
    ●OutputDir
        出力先ディレクトリを設定できます。
        ここで設定したディレクトリ+ファイル名のパスで変換したXファイルが出力されます。
        ファイルと同一ディレクトリに出力したい場合は、文字を消して空欄にしてください。
        出力先ディレクトリを入力欄にD&Dすることでも、出力先を設定できます。
    ●Format
        Xファイルの出力フォーマットを選択できます。
        Text: テキストデータ
        Bin: バイナリデータ
        Text+Comp: テキスト圧縮
        Bin+Comp: バイナリ圧縮
    ●Save
        ファイル出力時の動作を選択できます
        OverWrite: 出力先に同名のXファイルがあった場合上書き保存します。
            元のデータは上書きされて亡くなるので注意してください。
        NewFileName: 出力先に同名のXファイルがあった場合、出力するファイル名に数値を付けたして保存します。
            output.x -> output(0).x -> output(1).x -> output(2).x ... といった規則になります。
            数値が1000までに保存できそうになければ保存失敗とみなします。
    ●Exec All
        リストにあるXファイルを指定フォーマットで出力します。
        リストの選択は考慮せずすべて出力するで注意してください。



■そのほか
    D3DXLoadMeshFromX()で読んだ内容をD3DXSaveMeshToX()で出力しているだけですので、
    上記APIで読み込めないXファイルには対応していません。

    このソフトウェアを使用し、何らかの障害が発生しても責任を取りかねますのでご了承ください。



■更新履歴
    2016-01-10 ver 1.00